| main |
2006.08.29 Tue

こんな頃もあったのね

2002年11月2日生まれ
生後2ヶ月になる前に我が家に来た悟空

今思えば早すぎたんだろうね
ワンコのこと勉強不足だったkurageを許してね
もっとワン達とふれあわないといけない時期だったのに…

年末セールの札の向こうで水のみ口にアタックしていた悟空
どこのお店に行っても、店員さんにすすめられても絶対に動物は抱かないと決めていたのに…

悟空のことは抵抗なく抱いてしまった

認知症の義母の介護をしていた時期だった…義母はとてもワンコ好きで、しっかりしている頃にミニチュア・ピンシャーと暮らしていた。

義母の表情が明るくなるのが嬉しくて、散歩は車イスでペットショップに立ち寄ったりしていた
「連れて帰ろう・・・」ってポツリと言う義母

何度かそんな姿を見るうちに、ワンと暮らせば認知症の進行も防ぐことができるかもしれない…そんな事を考えたり

でも、ダメダメ。夜中に何度も叫び呼ぶ義母の世話とワンコの世話は無理だと思った

それに・・・私がなんとかするんだ!動物の力を借りないで!
なんて、わけのわからない強がりもあったし

しかし、日に日に悪化していく義母
家族の体調も同時に悪化

「なんとかなるか~」

義母のせいにしちゃってるけど、本当は大の動物好きな私
だからこそ、中途半端な思いで抱いてはいけないと決めていた
抱っこしたら最後ぜったいに連れて帰りたくなるから!

悟空を抱っこしたその日、車の中で待っていた義母に、
「ワンちゃんも連れて帰るよ~」って報告

その日から、一日の大半は人とワンのトイレ始末に追われた
義母は自分では無理だったのでね

義母は悟空のことを忘れたり思い出したり、姿が見えないと
「何処に行った?」と聞いたりもするようになった

が、悟空は・・・夜中の私と義母のやりとりが延々と続くので、しばらくは静かな夜を過ごせないまま育った

そんなパピー時代の悟空フォトアルバム開始~~!

papi-1



papi-2



papi-3



papi-4



papi-5



papi-6



pap-7



papi-7




あの頃のあどけない表情は・・・
今…このようになっとります
konnnann



「牛の子みたいやな~」ってよく言われたね
続きを読む
スポンサーサイト

ジャンル : ペット

テーマ : ワンコ日記

タグ : パピー

Category: パピー時代 Comments (8) Trackbacks (0)