FC2ブログ
| main |
2007.03.27 Tue

しつけについて

犬のしつけ・・・について日ごろから思っていることがある


ただ、「しつけ」というのは犬に対してではなく、人がしつけられなくてはいけないのでは・・と勝手ながら思ってる

これは経験上の発言

「犬の訓練」って表示はおかしいんじゃないか?とも思っっている

「犬と人のための愛あふれる あなた様の訓練」とでも改名してもらえないだろうか・・


犬はやはり本能で素直に生きている
もちろん元々賢い動物なので、飼い主の顔色も見るようになるだろうが

その素直で従順な犬は飼い主の愛情だけを信じていると思う

私が訓練に参加したのは悟空が1歳になり変化を見せ始めたから

ん?!ワンコと仲良くできなくなった

悟空の我がでてきたと思った

犬も1歳を過ぎると大人になり、変化するのは当たり前とわかっていたけれど・・・

私が勉強しなくてはいけないと思いつつ悟空を叱る

訓練に通い悟空は素直についてくる

私の心が変わると悟空も変わる

訓練の場所は「飼い主が訓練される場」だということを強く思っている

なので、何度も何度も大声をはりあげて犬に指示をしても伝わらないことが多い

・・・で、結果、悟空はどうなったかというと・・

これが・・・ははは・・気分屋でして・・・

多分、飼い主の性格を引き継いだのではと思う

だから、今でもケンカ売ります、買いますって行動しはるし~

ワガママもいうてます~

呼んでも知らん顔だったり~

でも、それは私が原因だろうな・・

褒めて褒めて私に余裕があると悟空も落ち着いていたりしてる

でさ、結局何が書きたかったのかというと・・・

犬の訓練・しつけ教室ではなくて・・

「犬と人のための愛あふれる あなた様の訓練」と表示を変えて欲しいな~ってこと


話は大ズレするけれど・・・
①先日、ある場所で悟空とお茶してましてん・・
外のテラスみたいな所よ

通りすぎた高年男女が「動物と食事を共にするのなんか考えられへん」
と言って行きはりました

「ふ~~ん」


②これは、随分前の事やけれど・・・大勢いる大きな公園で・・・
ブルーシートのおうちで生活してはる方がよくワンコや
ニャンコと生活してはりますが・・・
ある人が靴で犬を叩いてた!「キャンキャン!」という声の場所に
行ったらそういう現場を見た

「どないしはったん?」と強い口調で問うと
「いや・・イタズラしよったから・・・」
「そんなことしたらあかんわ。叩いても犬はわからんよ。
そのワンコはお父さんしかたよりがないんやろ!」
「・・もうしませんから・・もうせえへん・・」

このやりとりを聞いてまわりの人が怒りだした
「ほんまやで!そんな虐待みたいなことしてたらすぐに警察呼ぶぞ!」
「みんな見とるんやで!あんたらのことみんないつも見とるんやで!」

ワンコといた人、身ぎれいにしてた人だった・・
寂しいから犬と暮らすのか・・犬のことは好きなように見えた・・
でも叩いたらあかんねん・・・おっちゃん・・・

私も悟空を厳しくしたときあったけど・・・
信頼関係を築くことが大切やと・・・
いまだに信頼関係できてないんかもと悩むときがあるし・・
もちろんメリハリで叱ることはある

大きな太い声で一喝することは興奮している犬を逆に落ち着かせる
作用があるのもホントらしいけど・・

それぞれのワンコの性格もある
私なんか・・完全に悟空に育てられてるかも・・

人の子も「親が子から学ぶ」っていうじゃないっすか




あ・・・なんか・・話がズレズレ・・でゴメンナサイ・・終了

コメント欄にブログ追記があります




kurageどん・・どしたん??絵文字名を入力してください
suwaru


続きを読む
スポンサーサイト



ジャンル : ペット

テーマ : わんことの生活

Category: 訓練 Comments (11) Trackbacks (0)