FC2ブログ
| main |
2012.05.10 Thu

脳腫瘍の兆し

今回は、脳腫瘍になった悟空の「兆し」について


またまた長文になりますが・・・

興味のある方は張り付けている以前の日記も読んでいただいて現在のワンコ達の様子と比べてほしいです

大きな病が隠れていたとは思いもしない元気な状態です

今、ふりかえれば。。元気な悟空の陰に隠れていた小さな変化です

どうか、悟空のような思いをするワンコ達が増えませんように!





普段から悟空の様子、気をつけている方だたっと思います

ブラッシングの時にも皮膚に何か変化がないか?

目は?足は?

細かなところを見るようにしていました





毎年、健康診断も受けてましたしね

異常もない悟空

よく遊び。よく食べて。よく寝る。

はしゃぎ過ぎて、目はよく怪我したりしてたけれど・・

すぐに病院に行っていたので大きなことにもならずにきました




それなのに・・それなのに・・「頭の中の異常」はわからなかったのです

人間のように「ちょっと頭が痛いねん・・」「ちょっとしんどいねん・・」

この「ちょっと・・・」というのが言えないワン達




足を引きずるとか、皮膚にすごく表れるとか、発作が起きるとか・・

わかりやすい症状が出ないと「頭の中」まではわからない

と先生にも言われましたけどね





しかし・・・今になってふりかえると・・・小さな小さなことがあったと思いました

それを記してみます

みなさんのワンちゃん達に当てはまるようなら、是非に気にしてほしいです





初めて発作が起きた日から1年半位前にさかのぼります

その時は悟空は7歳と10ヶ月くらいです



●ブログの2010.9.17の日記「シニアの兆し」というタイトルでアップしました

そろそろ8歳になるのでシニアの兆しか?と思っていた様子

イスにジャンプするのを躊躇する。寝起きは階段を上るのをおっくうがる。

(このころ、気になって病院でも説明はしていました)




思えば・・この時から腫瘍の芽がではじめたのかもしれません

でも、普段は元気でジャンプも階段も今まで通りにしていました




8歳になってから琴を迎えました

琴が来てからはシニアの兆しが無くなったように元気になったんです

階段も上るし、遊びも元気いっぱい!

考えれば弱みを見せまいとがんばっていたのかもしれないし、琴にも慣れてきて遊ぶのが嬉しいというのもあったのでしょう



2011.7.19タイトル(焦げた)の日記ビーチに行ったとき、去年に比べて海ではしゃぐ回数が減った。

犬の1年間の変化は速いなと感じたけど・・徐々に進行していってたのか?




●9歳になったころの悟空

ボールを追いかけて遊ぶ回数が減ったように思いました(2011.12.13の日記

フリスビーも少しあきてきたように見えました

年令のせいか、走ってキャッチするのものんびりになってきたのかな?というくらいでした




●2011年の年末には岡山の実家で過ごしてましたが・・夜中に何度もトイレに行った

毎年、お正月に岡山の実家に行くと寒さのせいで夜中には2~3回はトイレにいってた

けれど、この時は10回近くだったんです

大好きな雪遊びも数回で終わったりしてたので・・

年のせいで寒さにも弱くなったかな?と思ったんです

2011.1.7タイトル(「た」「つ」)の日記です

耳の不調始まる




2012.1.14の日記、タイトル(年令差では

ドッグランで走る遊びをしなくなったように思いました

アジリティもほとんどしなくなり、老犬の域に入って加減して遊んでるのだと思ってました

犬の老化について真剣に取り組もうと本を買ったのを覚えています





このころから耳の治りが悪く心配になる耳の薬を嫌がり、私にまで唸っていた

治るにも時間がかかりました




2012.1.18タイトル(どこだ?)の日記では・・

何か変だと確信した時です



耳の調子がもどってきたころ、今度は鼻水とくしゃみを頻繁にするようになりました

今まで、鼻水やくしゃみを毎日することなんてなかったから、変だと病院で診てもらいました

犬の花粉症もあるし、細菌感染かもということで薬で治療



●それが治ることなく、2012.2.22初めての発作だったのです






変化に気が付くたびに病院で話をしていたけれど、先生もわからなかったです

ここまでの期間で、悟空のちょっとした変化




足を拭くときに仰向けに抱っこすると嫌がったり

仰向けになって寝る姿を見なくなったり

腕枕で寝る回数が減ったり

目も白くなってきていました


「仰向け」という体勢がイヤだったというのは、やはり「脳の異常」があったからなんでしょう

腫瘍が暴れる直前だったのかもしれません




「シニアの兆し」と「病の兆し」は見分けにくい

脳の症状は限界がきて、大きな症状が出て、更にMRI撮って・・やっと判断できると先生言うてました





ダラダラと書きましたが。

まとめてみます

★ジャンプを躊躇するようになった

★好きなボールやおもちゃで遊ぶ回数が減った

★寒さに弱くなった

★走るのを加減するようになった

★鼻水が出たり、くしゃみをするようになった

★病気やケガが治りにくくなった

★あおむけを嫌がる

★お腹を見せない

★目が白くなった

★気まま・わがままになった気がする

★遊びをやめて固まることが多くなった

★食事の好き嫌いが激しくなった




思い当たることはありませんか?

全ての症状が腫瘍のせいではないかもしれませんけどね

もっと早くにMRI撮って、早期発見できていたら「余命宣告」されずに済んだのか???

・・と思ったところで、大した症状もないのに、全身麻酔のリスク考えたら撮らない人は多いよね






けれど、悟空が脳腫瘍になって思うのは

これから全身麻酔する機会があったとしたら・・・獣医とよく相談して

「脳チェック」もついでにしてもらったほうがいいよってアドバイスするかもね




「余命宣告なんて大きなお世話だ!」っていう獣医もいます!

私もそのつもりで、できる限りの事に向かい、悟空を守っていくのだ!

(昨日の悟空:ぬいぐるみで遊ぶ)




続きを読む
スポンサーサイト



ジャンル : ペット

テーマ : ペットの健康・病気・怪我

Category: 悟空の脳腫瘍 Comments (6) Trackbacks (0)