1件ずつ表示 
--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む
Category: スポンサー広告
2007.07.14 Sat

ずっと子猫のまんま

今日7月14日「ニャンちゃん」の7回目の命日

写真も何もない 生活を共にした思い出もない

7年前、実家に遊びに行った日、車にはねられたと思われる子猫が

隣家の小屋に居た

猫好きの人が小屋まで連れてきて、水や餌を与えたりしたようだ・・・

子猫は下半身がブラリとなり、自分で動く事もできない

目はしっかり開いている  泣き声もハッキリとしている

「いつから?」「電話帳ある?」「病院に電話する!」

私の言葉に・・・

「もう、永ごうないで・・・可哀想じゃけど・・助からんけん・・・」

このあたりは山が多い

そして高齢者の方が多く、車の運転もままならない

なのに、ここ最近は車の量が増えてアスファルトも目立ち始めた

自然の中でのびのびと遊べる野良猫たちだからこそ

車に警戒心も注意もいかないのかもしれない  痛々しい

長くここで暮らしている人たちは野良猫の生死も多く見てきている

そのとおりかもしれない 病院が近くにあるわけでもない

子猫の運命なのか・・・

私はそれでも診てもらいたかった「まだ、力があるから」

地元ではないので、住所を見てもよくわからない ピンとこない

とにかく電話する

一軒目、めんどくさそうな口調で「お宅で飼えますか?」

えーーい!なんで「とりあえず連れてきてください」と言えない!

3軒目、「診せてください」との返事

場所もなんとなくわかるかも・・・

タオルにくるんで車の振動が伝わらないようにして

声をかけ続けた「ニャンちゃん、大丈夫やで」

病院では出来る限りのことはしますが、子猫だし無理な処置もできない

良くなったとしても「下半身麻痺」です

命が助かったとしてもこれからの生活を守ってくれる家族が必要です

費用もかかります と言われた  

お願いしますと返事をして待合室で大泣きをした

出来る事をしてくれて一晩様子をみることになった

実家で待機  

その頃うちにはハムスターが居た

かなり溺愛していた私  カゴの中に居るだけではない

サークル内で思いっきり遊べるほどにして可愛がっていた

病院からの連絡を待っている間、気持ちは前向きになり

どこへベッドを置こうかな  ハムスターとの距離をどうしようかな

フードも薬のことも先生によく聞いてみて

排泄の処理や時間も・・そんな事を考えながら子猫と暮らせることが

嬉しかった

夜中の零時前、携帯に連絡が入った

・・・・ダメだった・・・助からなかった・・・

泣きながら朝まで待ち、病院へ駆け込んだ

そして飼い主の登録をした

名前をつけてあげてくださいと言われ

初めて子猫に呼びかけた一言「ニャンちゃん」に決めた

今は病院の合同墓地に眠っている

岡山に行ったときは悟空のおやつとニャンちゃんのおやつを買う

今回の連休でニャンちゃんのお墓参りをしたかったのに

台風接近で山に近いあたりはがけ崩れの恐れもあるという

あきらめた

お墓に彫られている文字を思い出してニャンちゃんに合掌

小さな動物にも 大きなやすらぎを



nyanc



ニャンちゃんの顔を思い出しながらパソコンペイントで書いてみたけど
「こんなんと違う~~!」ってニャンニャン怒ってるかも
スポンサーサイト

続きを読む

ジャンル : ペット

テーマ :

Category: 虹の橋 Comments (10) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

その様な事あったんですか、きっとニャンちゃん
感謝していることでしょう、なかなか出来ませんもの。
最初の獣医はいけませんね・・・。
私も若いころ自宅近くで子猫が捨てられて居て保護したことを思い出しました、その子(たま、三毛猫)は15年実家で可愛がられて亡くなりました、今でも4代目のたま(どの子もたま)16歳います。
ありがとうございます。kurageさんにまずそう言いたいです。
ニャンちゃんの命を諦めないでいてくれてありがとうございました。
ニャンちゃんの為に泣いてくれてありがとうございました。
今でもニャンちゃんの事思い出してくれて、ニャンちゃんも、絶対感謝しているはずです。
なかなかできることではないことを、一生懸命してくれたkurageさんにわたしも感謝です。
うう・・
ワタシも一度、車にひかれて下半身がダラリの子猫ちゃんに遭遇したことがありました。
が、どうしてやることも出来ず・・
泣く泣くその場を去ってしまったことを思い出しました。
同じ境遇?の旦那も泣いてましたが・・

ニャンちゃんもきっと抱きかかえてくれたkurageさんに感謝してると思いますよ!
そして忘れられていないことも。
悲しいですが、そのにゃんこはkurageさんみないな人に最後に出会えて幸せだったと思います。
私も昔目の前で車にはねられたにゃんこを見ましたが、
即死状態でどうしてあげることもできず、
泣きながら道の脇に運んで横たえたことがあります。
あのとき獣医さんに連れて行ってればもしかしたらどうにか
なったかも?と忘れたことはありません。
いつまでも心の中に生きてるにゃんちゃん、きっとkurageさんに
感謝してると思いますよ!
7年前そんな悲しい事があったのですね。でもニャンちゃんkurageさんのような優しい方に出会えて幸せだったんじゃないですか。感謝していると思います。
きっとそう思います。
私もニャンちゃんに合掌!
読んだだけで号泣しちゃいました・・・
きっと私もクラゲさんと同じことしただろうなと思うと同時にもしそこに住んでたらその地元の人のように自然にさせてあげるかも。
自然と人間が作り上げた物のなかで生きていくはがゆさを感じますね。
それでもニャンちゃんが最後にクラゲさんのような人に会えたことは少なからずとも神様からの贈り物じゃないでしょうか。きっとニャンちゃんは天国でクラゲさんに会えたこと喜んでますよ。
kurageさんも悲しいお別れがあったのですね・・
でもニャンちゃんはきっと安らかな気持ちで
虹の橋を渡って行ったと思います・・
冷たいアスファルト1人ぽっちで
逝ったのでは無いですもんね!!
心配してくれる家族が居た!お家で待ってくれている 
家族がいた事を、ニャンちゃんはきっと
分かっていたと思います☆
チビわん家もね、虹の橋を渡った子達がいます。
きっとニャンちゃんと一緒に虹の橋のたもとで
楽しく走り回っていると思いますv-354
そんな事があったんですね~...
けど、きっとkurageさんの気持ち
にゃんちゃんにも伝わったと思いますよ~
しかし、獣医さんにもいろんな人居ますよね~...
動物好きでヤッテルかと思えば金儲けでやってたり...
なんだかエルママもシンミリ泣きそうかも~
kurageさんは本当素敵な人ですよね~♪
きっと、にゃんこちゃんも
天国でありがとうと言ってるはずですよ~
きっと最後にニャンちゃんは、嬉しかったと思いますよ。虹の橋で待ってますぅって。
Megっちさんへ
たまちゃん16歳ですか?!
どのたまちゃんも幸せな暮らしをして、長生きもし、なんだかほっとするお話ですv-22
ニャンちゃんが生きていたらどんなだったかな?
と、ふと思いますねv-283


じゃんさんへ
ありがとうございます。
私のしたことはニャンちゃんを苦しめたりしなかったか?そっとしておくべきだったのでは?などと考えたりもしますけど・・・
元気になるかもしれないとそのときは思ったんですね。
今は命日に好きだろうな=と思うようなおもちゃを買うのが楽しみになってますv-353


ぷくさんへ
猫の場合は外で自由な暮らしをしてるコが多いから、そういう場面に会う人も少なくないですよね。
ぷくさんの気持ちもすごくわかります。
みんな気持ちは同じですもんね
私はたまたまその時・その場所だったからこそ
対応できたのかもしれない・・
きっと、今は元気に遊んでるといいなv-345


さっきーさんへ
さっきーさんもツライ場面に出会ったことあるんですね。
どうしようもない時ってありますよね。
でも、さっきーさんが出会った猫ちゃんもニャンちゃんも今はきっと走ったり遊んだりしてると思いたいです!


のらくろさんへ
7回忌だったので、ちょっとお供え物も贅沢にしておもちゃも揃えて・・なんて思ってたんです。
台風で会いに行けませんでしたけど、お盆に
悟空も連れて行ってみます。
私の中ではずっとあの頃の子猫のまんまなので
ニャンコ嫌いの悟空も仲良くしてくれるかもv-353


MOMOmomさんへ
MOMOさんのいうとおり、私もそこで暮らしていれば・・自然にまかせたかもしれない。
ただ、あの時は何かがそうさせたんだと思います。
私に会えて良かったと思ってくれてたら嬉しいね!


チビわんさんへ
チビわんさんも悲しい思いされたんですね。
非力な自分にはがゆかったです・・・
でも、本当に虹の橋を渡ったコたちが
楽しく元気に過ごしていてくれてると信じjたいですv-290


エルママさんへ
動物病院も電話だけの応対で決めてはいけ
ないかもしれないけれど・・・一事が万事って
思っちゃって。
それに・・口調から・・自分が車で撥ねたんじゃ
ないかと疑わんばかりだったので、ショックでしたね。ま、ニャンちゃんがわかってくれてると
思うけどねv-290


ママちゃんさんへ
そう思ってくれてるかな?
移動中の車の中できらきらした目で私を見てたのが印象に残ってて・・・
生きようと必死だったとは思うけれど。
その分、悟空に長生きしてもらいますv-352

この記事へコメントする:


    

この記事のトラックバックURL:

http://goqoo59.blog68.fc2.com/tb.php/149-def88c73

この記事に対するトラックバック:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。