1件ずつ表示 
2011.03.14 Mon

どうか乗り越えてください

東北地震

日頃から備えていたって・・こんな最大級になってしまったら「神も仏もない・・」って。

なんでこんなめに合わなきゃならないのか・・って涙しながらつぶやいてしまった




地震があったその時間、わたしは仕事で大阪中心地に居た

外を歩いていたせいか全く感じることがなかった

まわりに沢山の人がいたけれど、地震を感じているような人は誰もいなかったように思う



でも、その場所の近くにある悟空父さんの工場では大きく揺れて、みんな気分も悪くなったという





自宅は??

愛犬2頭が留守番していた

家の中は何も変化なしだった

ただ、大きく揺れたのかもしれないね・・不安だったかもしれないね





後から思うと泣けてくる

愛犬にもしものことがあったりしたら・・

大事な家族、子供と同じ






今、東北では家族や家をなくし・・この先どうしていこうか

悲しみやつらさ、そんな思いの中戦っている

身も心も疲れはてているでしょう

時間はかかるでしょうが・・どうか、どうか、乗り越えてほしい






私が中学生の時、家がほぼ全焼した

まわりの数軒もほとんど焼けてしまい、ある日突然に空地になってしまった

昨日まで家族で食事をしたり、ワイワイしていた住まいは

黒焦げになり、灰になり、空地になってしまった




「茫然」という言葉が身にしみてわかる

あまりの事に涙すらすぐに出てこなかったことを覚えている

自分が持っている物は学生カバンに着ている制服だけ

「これからどうしていこう・・」





ゆっくりと頭に浮かんだのは

高校なんて行ってる場合じゃないな

働かなくては!

仕事をしなければ!




灰になった空地を見て

・・・・それだけは自分の中で決意した

両親にもその思いを伝えたけれど、借金してでも高校だけはと働く事に反対し、両親はがんばってくれた





家がなくなった次の日から家族はバラバラになり、親戚の家に仮住まいさせてもらった

激安長屋を借りることができて、やっと家族が一緒に住めるようになった

でも、寝返りもうてないほどの狭い借家だったけどね

トイレの水もうまく流れず、バケツの水で流したりしたもんだ



もちろん借金もしなければいけないしね

数軒の火災でさえ、そんな思いをしたのに・・・




「やまない雨はない」・・・・このセリフ

キレイに聞こえる歌詞みたいだけどね

経験上、本当にそうだと思うんだ




「やまない雨はない」

どうか乗り越えてください




にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

続きを読む

ジャンル : 心と身体

テーマ : 自分にできる事から

Category: 災害 Comments (5) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

留守番させるの心配ですよね。ウチが揺れなかったから、大丈夫だったと思いますよ。
地震も火事も水害も・・・恐ろしいですね。
こんなときは早く時間が過ぎて欲しい。
揺れて無かったですか・・良かったです。
日本の半分がなくなるんじゃないかと思うくらいの勢いある地震や津波!
ワンコが取り残されて、2頭が寄せ合って震えている画面を見てしまい・・
家族はどうなってしまっただろうと涙がとまりませんでした
人も動物もどうか無事でいてほしいです
地震があったとき、私はひとりで家にいました。
揺れている時間が長かったので、かなりの恐怖を感じました…
枚方市の震度は「3」。それでも、すごく心細かったです…
人間は「地震だ」ってわかって行動できるけど、
ワンちゃんたちには何が起きているのかわからないんですもんね。
毎日、報道される地震の爪痕…
日本国民みんなで一日でも早く乗り越えられるようにと願っています。
日頃から準備などしていたら・・と思ったりして、昔から避難グッズは置いてあるものの・・
いざという時はなかなか上手くいかないんだろうなと思います
被害にあった人たちが心強く持っていてほしいですね
今でもがんばってるでしょうし・・
がんばらないといけないのは、被災していない自分たちなのかなと思いますね
被害にあった地の動物達のこともどうしても考えてしまいます


はじめまして。
『ペットblogランキング』と申します。
記事を拝見しコメント欄に記入させていただきました。
ご訪問いただければ幸いです。

この記事へコメントする:


    

この記事のトラックバックURL:

http://goqoo59.blog68.fc2.com/tb.php/511-6436a233

この記事に対するトラックバック: