1件ずつ表示 
2012.03.12 Mon

望みの病院


ワン友さんたちが願掛けしてくれた「御守り」

頭になすりつけてます~~!ありがとうです~~!


m77



m76





前回の続き

歩き続ける悟空のこと書きました

その間、少し伏せをして止まることが1分くらいある



寝息をたてたかと思うと・・・

クチャクチャ・・と口元の動く音と顔の痙攣が始まる

どうやら、寝てしまうと痙攣が起きること数回あり


起きていてもなることあるけどね



布団には入ってくるが「出たり入ったりの同じ行動」

脳の異常信号。眠りたいのにずっとトットットットの小走り

目もパッチリと見開いたまま

ヨダレもボトボトと流れたまま歩くのです




床は悟空のヨダレだらけになり、拭いても拭いても追いつかず

その床のヨダレで小走りの悟空が滑ってしまうくらい

モップがいるくらいの量なのです

このまま疲れ果てて息絶えるのか?とかイヤな事考えてしまうくらい




抱っこしてはささやいた

「もう歩かんでもええよ。悟空」

「もう、ネンネしていいよ。悟空」



悟空が苦しむのは嫌だ

苦しむなら・・

私の腕の中でこのまま息絶えてもいいと思った

今までいっぱい遊んだし、友達もいっぱい、旅行も行ったし、琴とも家族になれたし!

今まで大きな病気もせずにこれたし・・

9年の楽しいままの悟空でええ

「もういいよ」って思った




それでもワン友さんが持ってきてくれた

「症状別の食事や栄養」の本を見ていた

材料の買い出しをする前に・・



行きたい所があった

今までとは別の動物病院





2回目の発作で「てんかん」と思ってアップしたブログ

それを見てワン仲間さんが教えてくれた病院だ

予約しようとしていた矢先に3回目の重積発作で緊急入院となったし

そのままバタバタと日が過ぎていた



大阪府立大学に行った次の日に電話した

「てんかんではないんですが・・」と。

経過説明をして

「脳腫瘍なので、長くは生きられないだろうけれど。。

食療法のこと一度お話を聞かせてほしいんです

診てもらうことはできますか?」と。




近日中の予約が詰まっていて1週間先になるようだった

でも親切に「お辛いですね。お急ぎですよね」と言ってくれて

なんとか次の日に時間をとってくれた




すぐに薬という先生ではないと聞いていたし、手作り食推奨の病院です

悟空にとって良いものは何か?

食といっても他のコには良いけど悟空にはダメなものもあるはず

ワン友さんからの本も読み、自分でも調べながら病院へ




今までの検査結果や経過など説明

悟空の歩き方や目の動き、足の感覚などなど診てもらってから

メモ用紙も用意してくれて話す事1時間






左前頭葉の腫瘍

m79



すぐにわかります

m80






m78




先生

「95.5%はMRIに写っている脳腫瘍が病原という判断になるけれど・・

残り5%はどうか?」という話

「MRIは今回初めて撮ったんでしょ?今までに撮ってないのだから」と。

残りの5%に何かあるかもしれないと




放射線治療をしたらどれだけの期間が延命になるのか説明をうけましたか?」と聞かれた

「いいえ」



私が見てきた中で判断すると「放射線治療」をしてからの延命はおそらく6ヶ月くらいでしょうと

それだけのリスクを背負っても多くのコは6ヶ月ですと



ならば、今やってあげられることは何かですね

人でも同じですね

長くない命なら「美味しいもん食って過ごそうや」っていいますね・・と。




そうね。わかっていることだから、先生の言葉は逆に嬉しかった

その美味しいもんが悟空のからだに良くなければならないと思ってるから

この病院がたよりなのであります





食療法の中。一つの食材で腫瘍がなくなった例もあります

でも個体差がある

あるコにはどんどん腫瘍が小さくなるのに。別のコには全く反応がない。



それでも、試したいよね



結果、現在の薬は続けたほうがいいだろう

どうしても脳圧は下げていかなければならないしね



薬と併用して今の悟空にとって毎日でも必要なのもの

サメなんこつ・きのこの煮だし汁・塩分・たまごの黄身・脂分の多い魚・のり・ひじき・リノール酸など

糖質も必要なのだが、腫瘍が大きくなる可能性もあるので加減がいる




なぜ、今、悟空にとってこの食事が必要なのか

それは先生の細かな分析と知識からの説明なので

私がここで記して間違った情報になってはいけないので書きませんが。


それぞれのワンコによっても違うかもしれません



悟空のために・・琴ためにの・・

今まで、フードも良いであろうと思うものを選んできたつもりです

高ければいいというものではないけれどね

オヤツも考えて無添加のものなど選んできました

もちろん、腫瘍は食事が原因とはいえない



それでも先生からすると・・必要でない物

フードは推奨しないとのこと

数年前からは手作りゴハンを中心にしてきたけれど、やはりバランスの心配もあってフードを混ぜたりしていた



色んな意見もあるでしょうが

私は納得しました



すぐさま家のフード・おやつを処分しました

無添加と記されているおやつもです

ゼッタイに今後食べさすことは無いと思いました



そうしてたら郵便屋さんがピンポ~~ン

タイミングよくワン仲間さんから手作りのおやつが届いたです

ありがとう!悟空と琴がバクバク食べました!

m77







リスクのある麻酔ばっかりの治療は望まない

病院ばかりの生活させたくない

といっても薬だけでも苦しまないということもないだろう



だからこそ悟空にいつものように散歩してゴハン食べて慣れた家で

家族と過ごしてほしい

美味しいもん食べてもらって奇跡を願う!



晴れやかな気分や!と帰ってきた



ま・・その夜もずっとヨダレまみれで歩いてたけど・・

朝方になって家事などし始めると歩き続けることがなくなる

認知症に見られる「昼夜逆転」かな?




食事はこの夜からスタート

そのせい??・・次の日昼から眠るのである

この日というのが眠らなくなってから3日目にあたります

ただ疲れたから眠ったのか?



そして・・次の日の夜も眠るのです!

悟空の様子がまた変わってきたのです

食療法が何かに効いているのでは?と思ってしまうほどなのです

・・ま・・明日はどうだかかわかりませんが

でも、眠ってる間は悟空のからだも休んでくれてるということなので安心します




次回にはもっと良い状態の悟空をアップできればと願うばかりですが。



暗い日記ではありますが、しばらくは悟空の様子日記になるかと思います

見に来てくださった方、ありがとうございます



そして、同じ症状を持つワンコや・・

元気であるワンコにも何か参考になることがあればいいなと思います




















スポンサーサイト

続きを読む

ジャンル : ペット

テーマ : ペットの健康・病気・怪我

Category: 悟空の脳腫瘍 Comments (6) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

食事療法が効果があり
悟空君の 辛さが少しでも和らぎますように(-_-)
兄貴の力を信じています。
医食同源という言葉を思い出しました。
改めて食は大事ですね。
ただただ奇跡を祈るばかりです。
与六ママさんへ
ここの病院に行って改善してきたワンちゃんがけっこういますので、励みになります
まだ始まったばかりですが、腫瘍が悪さするスピードを早く追い越したいです!
ありがとうございます!
みつるさんへ
丸ちゃんの状態、いかがでしょう?
悟空兄のほうはこんなんなってしまったけど、がんばります!
かなり改善したワンちゃんが多い病院なので心強いです
腫瘍がどっかいってしまってほしいです!
ありがとうございます!
食事いまさらながら大切なんですね・・・。
でもあきらかに改善のきざしがみえるから
海月さん大変でしょうけど頑張ってくださいね

ジゴビままさんへ
食事のせいでしょうか?
この短い日数で発作が一度もおきていません。ヨダレもピタリと止まっています・・
これが食事のおかげであってほしいのです
人のほうは食事を楽しむ余裕までできてませんが、がんばります!
ありがとうございます!

この記事へコメントする:


    

この記事のトラックバックURL:

http://goqoo59.blog68.fc2.com/tb.php/600-a0ea6716

この記事に対するトラックバック: